女性が結婚相手に求める条件

女性が結婚相手に求める条件

女性が結婚相手に求める条件

 

結婚する相手ともなると、やはり慎重になりより良い条件の方と結婚したいと思いますよね。
重視する条件は人それぞれ異なると思いますが、一般的な真実を述べます。
男性は女性に若さを求め、女性は男性に経済力を求める
これが一般的な心理ではないかと思います。

 

理想の希望年収は?

実際20代後半から30代前半の結婚適齢期の女性のうち7割以上が、結婚相手に年収500万以上を希望しているというデータもあります。

 

では現実問題、結婚適齢期の男性の平均年収はどれくらいなのでしょうか。
平成24年度国税庁「民間給与実態統計調査」の男性平均給与はこちらです。
対象年齢 平均給与
25〜29歳 367万円
30〜34歳 431万円
35〜39歳 498万円
40〜44歳 561万円
45〜49歳 614万円
50〜54歳 634万円
55〜59歳 618万円
60〜64歳 447万円

 

どうでしょうか。結婚適齢期の男性のうち年収の条件を満たすのは4人に1人がいいところです。

 

落ち込むのはまだ早いです。

男性の方もこれを見て落ち込まないでください。実際に女性が500万と言っているのも曖昧な基準である可能性が高いからです。テレビや雑誌、インターネットに書かれている情報を鵜呑みにし将来かかるお金を計算もせずに言っている可能性がかなり高いです。

 

外には年収500万以上と言っておきながら、現実的には真面目に働いてくれて、暮らしていける最低限の収入があればいいと思っている女性もたくさんいます。表面だけで判断せず、気になる人がいたらアプローチしてみましょう。

 

幸せな結婚には3つのことが必要

@ 愛情

愛があればお金はいらないということではありませんが、これがなければいくらお金があっても砂漠に水をやるような乾ききった結婚生活になってしまうでしょう。

A 相性

これは何かと色々な意思決定の場で重要になってきます。結婚後の人生は決断の連続です。そんな時、同じような環境で育ちある程度価値観の似ている相手でないと結婚生活はなかなか厳しいものがあります。

B 条件

年収、容姿、職業などの条件です。

 

ここで大切なのは年収などの条件は3番目であり、条件の1つに過ぎないということです。
条件にこだわる女性は婚期が遅く、こだわらない女性は当然早いです。
望みを高く持つのはいいことですが、自分も相手に同じだけのことを求められても、それに答えられるかどうかもよく考えて条件を決めましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 結婚相談所の体験談 結婚できない女性